for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

TOPIX vs. 東証1部時価総額 

TOPIXは東証1部上場株の時価総額をアンダーパフォームします。

1949年末の東証1部上場株の時価総額とTOPIXの終値をそれぞれ1とした場合、2008年10月31日時点では、東証1部上場株の時価総額は2289倍であるのに対して、TOPIXは67.5倍です。(表2)
TOPIXには配当がありますが、指数には配当が再投資されていないことが原因の一つとして考えられます。しかし、配当を考慮しても大きな差があります。
(配当込みTOPIXという指数も存在します)

日本の株式市場の拡大の恩恵を得るために指数に投資しているのであれば、配当再投資後においてTOPIXを大幅に上回るリターンをあげる必要があります。この事実は、日本だけではなく、海外の株式市場においても当てはまるかもしれません。

株式で資産運用する場合に、株式市場の時価総額に連動することを目的とするならば、指数投資以外を考える必要があります。


TOPIXとは?

東証株価指数(TOPIX)は、東証第一部上場株の時価総額の合計を終値ベースで評価し、基準日である1968年1月4日の時価総額(当初数値は8兆6020億5695万1154円。2006年6月16日現在の数値は約488兆7363億2300万円)を100として、新規上場・上場廃止・増減資・企業分割などにより修正され、指数化したものである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


図1 東証1部時価総額 対 TOPIX (1949年末~2008年10月31日)
1949年末を1とした場合。
20081126-1.jpg
スポンサーサイト

米国10年債利回り vs. 日経平均株価 

1990年以降、米国10年債利回りと日経平均との間には、非常に強い正の相関がありました。

理由は以下の3つが考えられます。

①米国10年債利回りとドル円為替レートにも正の相関があった。
②日本の産業構造が製造業中心であるため、円安によるメリットがある。
③日本の最大貿易相手国は米国であった。


次にそれぞれについて検証します。

①:ドルは1ドル360円から一貫して価値を失ってきていることから判断しても、正の相関があったのは限られた期間だけです。
②:しばらくは続くことでしょう。
③:現在、日本の最大貿易相手国は中国です。今後は米国だけでなく中国やEUを考慮する必要があります。

今回の方法で、過去において相場の転換点を明確に知ることができ、多くの恩恵がありました。
しかし、米国が唯一の経済大国でなくなった現在となっては有効性が失われているかもしれません。

20081120-1.jpg
青:米国10年債利回り、赤:日経平均株価
作成:Yahoo! Finance

売りの予備軍 

日経新聞の調査によると、11月1日時点での個人の株式や投資信託への投資による損益は、82%が含み損状態だという。

「含み損の銘柄を今後どうするか?」との質問に対しては、以下の結果が得られた。

54% : 含み損が解消するまで塩漬け
19% : 利益が出るまで持ち続ける
17% : 含み損がある程度縮小したら損切り
6% : 相場を見ながらできるだけ早く損切り
4% : その他

これら「売りの予備軍」は相場の重しになるに違いない。

【2008/11/09, 日本経済新聞 朝刊 より引用】

株価急落で82%が「含み損」――回復期待で「塩漬け」に(クイックサーベイ)

日経平均株価が約二十六年ぶりの安値をつけ、一カ月間で二四%も下落した十月を、市場関係者は「暗黒の十月」と呼んでいる。経験豊かな投資家でも「なすすべなく相場の崩落を見ていた」(株式投資歴十年の都内女性、40歳)という。
 十一月一日時点での投資損益を千人強の個人に聞いたところ全体の八二%が、株式の時価や投資信託の基準価格が購入価格を下回る「含み損」の状態だった。年齢が上がるほど苦戦している様子もかいま見えた。二十歳代では「含み損」と答えた割合が七四%だったが、五十歳代以上では八五%に達した。
 十月の相場下落は、一株利益に対する株価の倍率(株価収益率=PER)など伝統的な投資の尺度では説明できないほど急激だった。ある程度の経験を持つ中高年の投資家ほど戸惑いも大きく、売り時を逃して損を広げた可能性がある。
 損を抱えた投資家がとる行動は大別すると二つ。売却損が出ても構わずに株などを売り現金を回収する「損切り」と、最低でも投資した時点の価格まで相場が戻るのを待つ「塩漬け」。今回の調査では損切りすると答えた投資家は、「含み損がある程度縮小した時点」と「相場動向を見ながらできるだけ早く」を合計しても二三%にとどまった。対照的に「含み損が解消するまで」や「利益が出るまで」じっくり待つ「塩漬け派」は合計で七三%を占めた。
 世界的な金融危機の影響で株価が下がるのは仕方ない、十月の異常な急落分はいつか修正されると判断し、長期戦を覚悟する個人も多いのだろう。
 株安が生活に与える影響を聞くと、「非常に大きく影響する」「影響する」との回答は合計で四〇%と、意外に少なかった。個人の金融資産に占める株・投信の割合が小さいことの裏返しなのだろうが、ここでも年代別の特徴が見て取れる。二十歳代は二つの答えの合計が三二%にとどまったのに対して、五十歳代以上は四三%と一一ポイントも上回った。
 年代が上がるほど株や投信の保有が増えるのが、日本の個人金融の特徴のひとつ。米国ほどではないにせよ、株安が個人消費を鈍らせる逆資産効果も年末商戦で表面化しそうだ。
(編集委員 小平龍四郎)
 調査の方法 調査会社マクロミルを通じて十一月一日にネットで実施。株式・投資信託(公社債投信を除く)を保有する全国の男女千三十人が回答。

【引用終わり】


米国に変化が訪れた 

バラク・オバマ氏が第44代アメリカ合衆国大統領に当選した。

【2008/11/05, CNN より引用(一部抜粋)】

オバマ氏は演説の冒頭で、「米国の可能性を疑い、建国者たちの夢や民主主義はまだ生きているのかと問う人たちがまだいるとしたら、今夜がその答えだ」と語りかけた。落ち着いた、真剣な表情で「この国は単なる個人の集団でも、民主党と共和党の寄せ集めでもなく、アメリカという合衆国なのだ」「希望へ向けて、歴史の舵をとる日がやって来た」と話し、支持者らは涙と拍手で受け入れた。

【引用終わり】

以下、勝利演説でのフレーズを抜粋。

“Change has come to America”.
“renew this nation”
“I will never forget who this victory belongs to – it belongs to you”.
“I was never the likeliest candidate,”
“This is your victory,”
“more than one year and more than one term”
“But we will get there – we as a people will get there.”
“I will always be honest about the challenges…I will listen, especially when we disagree”.
“block by block, brick by brick, calloused hand by calloused hand”.
“This victory alone is not the change we seek,”

彼は自己犠牲や奉仕の精神を呼び掛けている。
歴史的偉業の達成に向け、その期待にこたえようではないか。

Obama’s Plan for America 1
Obama’s Plan for America 2


米国 貯蓄率の推移 

「投資・消費」には注目が集まりますが、それだけでなく「貯蓄・倹約」にも同じように注意を払うべきだと警告したのがバーナンキ議長の“Saving Glut”論です。

Global Saving Glut

米国の貯蓄率は1982年以降急速に低下しています。
歴史的に見て低水準を維持している貯蓄率は、バーナンキ議長のもと修正されることでしょう。
1982年といえば、インフレ調整後の米国株価がボトムに達した年です。貯蓄率が上昇している(正常に戻る)間は、株式市場の調整が続くと思います。

2008-11-03.png


Dow/Gold Ratio ② 

先日の記事で、今後、Dow/Gold Ratio は2~3になることが予想されると書きました。

Dow/Gold Ratio

Dow:12,891.86ポイント
Gold(6月限):889.7ドル
Dow/Gold Ratio :約14.5
(2008年4月)

2008年4月時点でのDow/Gold Ratio は約14.5でしたが、現在は当時とはだいぶ市況が変わってきましたので、再確認してみたいと思います。

現在は、Dow:9,325.01ポイントに対してGold(12月限):718.2ドルなので、Dow/Gold Ratio は約13です。

DowとGoldがともに下落しているものの、Dowの下落幅が大きいためDow/Gold Ratio は下がっています。(一時、10にタッチしましたが、若干戻しています)

今後起こりうる可能性は、Dow:5000でGold:2500、Dow:3000でGold/1000、それともDow:10,000でGold:10,000なのでしょうか?

どこで落ち着くか正確にはわかりませんが、どの方向へ向かっているかを認識しておくべきです。

2008-11-02.png

ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。