for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先進国の目標とされる日本の家計 

日本の家計において、金融資産に占める現金・預金は他の先進国に比べ非常に高い割合を占めています。
かつては高い現金・預金比率が経済停滞の原因とされてきたこともあります。要するに、金融資産が市中に出回らないということです。

しかし、金融バブルが崩壊しニューノーマルな世界に戻ってからは、負債に満ちた世の中において日本の健全な家計が評価されつつあるようです。

日本以外の先進国は、現金・預金の比率を上げ、住宅ローンの比率を下げる必要がありそうです。

  日本 フランス+ドイツ イギリス アメリカ
現金・預金 51% 32% 26% 16%
債券 3% 7% 1% 9%
株式 11% 16% 9% 29%
投資信託 5% 11% 6% 11%
保険・年金準備 26% 29% 54% 31%
その他の金融資産 5% 6% 4% 3%
住宅ローン 12% 28% 28% 23%
消費者信用 2% 1% 5% 6%
その他の負債 10% 2% 4% 3%
資金過不足(金融資産-負債) 75% 68% 62% 68%
Sources: Bank of Japan(2007); Bank of France(2006); Board of Governors of the Federal Reserve System(2007); Deutsche Bundesbank(2006); UK Office of National Statistics(2007).
スポンサーサイト

コア資産のリターン 2000/1/1~2009/12/31 

株式、債券、不動産、コモディティ、そしてCPI上昇率など、すべてのアセットクラスから得られるリターンは均衡します。理論上、長期的にはすべての資産は1対1の相関となります。

長期的には均衡しますが、10年程度の短期間ではアセットクラス毎のリターンにばらつきがあります。だからこそ分散投資が必要になります。

2000年以降の約10年間に分散効果が得られていたのかを確認して見たいと思います。

表は、2000年1月1日から2009年12月31日までの各アセットクラスの配当込み・米ドル建てリターンです。


オバマ氏支持、平均57%、戦後ワースト2位――大統領初年、米民間調べ。 

19日でオバマ大統領就任から丸一年が経ちました。
就任当初の支持率からは下がってしまいましたが、米国型資本主義の終焉、民から官へ、医療改革、貯蓄増加策など持続可能な米国経済の実現に向け重要な役割を担っている大統領ですので、是非改革を実現してもらいたいです。

【2010/01/19, 日本経済新聞 夕刊より引用】

米調査会社ギャラップは18日、オバマ大統領の就任から1年間の世論調査での平均支持率を発表した。同日までの平均は57%で、第二次世界大戦後、大統領選を経て就任した9人の大統領のうち最下位のクリントン氏(49%)に次いで、レーガン氏と同率のワースト2位。オバマ氏の人気の陰りを印象づけた。
 オバマ氏の18日時点の支持率は50%で、昨年1月20日の就任直後に記録した戦後歴代2位の68%から18ポイント低下した。初年の第4四半期(昨年10月20日~現在)の平均支持率は51%で、クリントン、レーガン両氏との同率で最下位となった。ギャラップ社は3者に共通しているのが経済情勢の悪化と指摘した。
 就任から1年間の平均支持率で戦後最も高かったのはケネディ氏の76%。2位はアイゼンハワー氏の69%で、3位が前大統領のブッシュ氏の68%となっている。ブッシュ政権時代との決別を目指して大統領選を制したオバマ氏だったものの、初年の平均支持率ではブッシュ氏に11ポイントの差をつけられる結果となった。

【引用終わり】

2009年 各資産のリターン 

表は2009年の各資産のリターン(配当込み)と2010年の年初来上昇率です。
表のデータは米ドル建てで統一しています。

  2008年終値 2009年終値 2009リターン 2010/1/15終値 2010上昇率
VT 33.36 43.09 29.2% 44.18 2.5%
EFA 44.09 55.28 25.4% 57.05 3.2%
VGK 37.62 48.48 28.9% 49.54 2.2%
EWJ 9.49 9.74 2.6% 10.47 7.5%
SPY 90.86 111.44 22.7% 113.64 2.0%
EEM 25.73 41.51 61.3% 41.95 1.1%
TIP 94.85 104.14 9.8% 105.01 0.8%
LQD 95.95 105.37 9.8% 105.46 0.1%
GSG 29.61 31.82 7.5% 31.77 -0.2%
OIL 25.11 25.88 3.1% 25.35 -2.0%
GLD 86.23 107.31 24.4% 110.86 3.3%
RJI 6.44 7.84 21.7% 7.72 -1.5%
RJZ 6.02 9.90 64.5% 10.19 2.9%
RJA 7.58 7.94 4.7% 7.62 -4.0%
RJN 5.40 6.35 17.6% 5.23 -17.6%

CRBQで商品関連企業への投資 

2009年9月21日にローンチされた商品ETFに分類されるTR/J CRB Global Commodity Equity Index (CRBQ)について調べたいと思います。

CRBQは純粋に商品に投資するETFと異なり、商品生産者の株式に投資することを特徴としています。
2010年1月7日現在、149社の商品関連企業に投資されています。以下はその一部を抜き取った企業リストですが、世界各地の企業に投資されています。

Company Country Weight Sector
Impala Platinum Holdings Ltd South Africa 0.49% Precious Metals
MMC Norilsk Nickel Russia 0.49% Base/Industrial Metals
Surgutneftegaz Russia 0.49% Energy
AGCO Corp United States 0.48% Agriculture
Anadarko Petroleum Corp United States 0.48% Energy
Nippon Steel Corp Japan 0.47% Base/Industrial Metals
Devon Energy Corp United States 0.46% Energy
Transocean Ltd Switzerland 0.44% Energy
Danisco A/S Denmark 0.42% Agriculture
PetroChina Co Ltd China 0.41% Energy
Golden Agri-Resources Ltd Singapore 0.40% Agriculture
Agnico-Eagle Mines Ltd Canada 0.40% Precious Metals
Repsol YPF SA Spain 0.40% Energy
Taiwan Fertilizer Co Ltd Taiwan 0.40% Agriculture

CRBQに投資するうえで注意しなければならないことがあります。

【運用報告】 2009年12月 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 

資産の一部をセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに投資しています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが他のバランスファンドに負けない理由は、無料オンラインセミナーで説明されています。 >> セゾン投信『オンラインセミナー』

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの特徴

 ● 国際分散投資
  このファンド1本で世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資。
 ● 低コスト
  同種のファンドの中で最低水準の手数料率を実現。
 ● バンガードのファンドに投資するファンド・オブ・ファンズ
  バンガードのインデックスファンドを8本組み入れています。

ファンド資産の状況(2009年11月30日現在)

ファンド名称 比率
U.S.500・ストック・インデックス・ファンド 21.3%
ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド 14.3%
ジャパン・ストック・インデックス・ファンド 4.6%
パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンド 2.6%
エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド 6.5%
U.S.ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド 19.9%
ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド 19.9%
ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド 10.0%
短期金融資産等 1.0%
合計 100.0%

最新の基準価格 及び ファンドの詳細は、 こちら から確認できます。

運用実績


【運用シミュレーション】 2009年11月 インデックスファンドTSP 

【シミュレーション】

毎月の積立投資を実践しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの比較対象として、インデックスファンドTSPを取り上げます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと正確に比較するため、運用開始日、積立金額、購入日、口数計算を同じにしています。
よって、実際のインデックスファンドTSPの運用成績とは異なります。

ベンチマーク

 TOPIX

運用実績


【運用シミュレーション】 2009年12月 STAMグローバル株式インデックス 

【シミュレーション】

毎月の積立投資を実践しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの比較対象として、STAMグローバル株式インデックスを取り上げます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと正確に比較するため、運用開始日、積立金額、購入日、口数計算を同じにしています。
よって、実際のSTAMグローバル株式インデックスの運用成績とは異なります。

ベンチマーク

 MSCIコクサイ・インデックス(除く日本、円ベース)

運用実績


【運用シミュレーション】 2009年12月 楽天資産形成ファンド(楽天525) 

【シミュレーション】

楽天資産形成ファンド(楽天525)のファンド設定日は2008年12月1日です。
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとの比較が目的であるため、2008年5月~2008年11月までのパフォーマンスはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのデータを引き継いでいます。


毎月の積立投資を実践しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの比較対象として、楽天資産形成ファンド(楽天525)を取り上げます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと正確に比較するため、運用開始日、積立金額、購入日、口数計算を同じにしています。
よって、楽天資産形成ファンド(楽天525)の運用成績とは異なります。

ファンド資産の状況(2009年11月30日現在)

ファンド名称 比率
安田 アメリカ株 マザーファンド 7.7%
安田 欧州株 マザーファンド 4.9%
安田 日本株 マザーファンド 35.2%
安田 アジア株 マザーファンド 0.9%
安田 外国債券インデックス マザーファンド 12.2%
安田 日本債券インデックス マザーファンド 36.0%
短期金融資産等 3.0%
合計 100.0%
最新の基準価格 及び ファンドの詳細は、 楽天証券 又は、 楽天証券オリジナルファンド(愛称:楽天525) で確認できます。

運用実績


【運用シミュレーション】 2009年12月 SBI資産設計オープン(資産成長型)【スゴ6】 

【シミュレーション】

毎月の積立投資を実践しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの比較対象として、 SBI資産設計オープン(資産成長型)【スゴ6】 を取り上げます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと正確に比較するため、運用開始日、積立金額、購入日、口数計算を同じにしています。
よって、実際のSBI資産設計オープン(資産成長型)【スゴ6】の運用成績とは異なります。

ファンド資産の状況(2009年11月30日現在)

ファンド名称 比率
住信 外国株式インデックス マザーファンド 22.5%
住信 国内株式インデックス マザーファンド 18.8%
住信 外国債券インデックス マザーファンド 19.5%
住信 国内債券インデックス マザーファンド 15.9%
グローバルREITインデックス マザーファンド 10.9%
J-REITインデックス マザーファンド 10.3%
短期金融資産等 2.1%
合計 100.0%
最新の基準価格 及び ファンドの詳細は、 SBI証券 又は、 SBI資産設計オープン(資産成長型)【スゴ6】 で確認できます。

運用実績


【運用シミュレーション】 2009年12月 マネックス資産設計ファンド<育成型> 

【シミュレーション】

毎月の積立投資を実践しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの比較対象として、 マネックス資産設計ファンド<育成型> を取り上げます。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと正確に比較するため、運用開始日、積立金額、購入日、口数計算を同じにしています。
よって、実際のマネックス資産設計ファンド<育成型>の運用成績とは異なります。

ファンド資産の状況(2009年11月30日現在)

ファンド名称 比率
外国株式パッシブ・ファンド・マザーファンド 11.2%
国内株式パッシブ・ファンド(最適化法)・マザーファンド 19.5%
外国債券パッシブ・ファンド・マザーファンド 26.3%
国内債券パッシブ・ファンド・マザーファンド 27.8%
グローバルリート・パッシブ・ファンド・マザーファンド 8.5%
J-REITインデックスファンド・マザーファンド 6.0%
短期金融資産等 0.8%
合計 100.0%
最新の基準価格 及び ファンドの詳細は、 マネックス証券 又は、 マネックス資産設計ファンド<育成型> で確認できます。

運用実績


ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。