for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インフレ連動債 + 商品指数連動債 

インフレ連動債とは、債権保有者に対して支払われる投資の対価が、将来実際に実現する物価上昇率に連動するように設計された債権であり、米国ではTIPS、ユーロ圏ではHICPに連動しています。

TIPS: インフレ防衛国債(Treasury Inflation-Protection Securities)
    季節調整前の全米都市部の全対象消費者物価指数
    (CPI-U:Consumer Price Index for All Urban Consumers)に連動

HICP: ユーロ圏の消費者物価指数(Harmonised Index of Consumer Prices)

(注)TIPS, HICPは共に生鮮食品及びエネルギーを除く指数。

近年、各国の年金基金がポートフォリオにインフレ連動債を組み入れる動きがあります。
TIPSやHICPに連動するわけですが、TIPS, HICPは共に生鮮食品及びエネルギーを除く指数であるため、表1(日本の例のため参考)にあるようにインフレ全体に対するカバレッジが十分であるとはいえません。

世界の年金基金がポートフォリオにコモディティ価格に連動する商品指数連動債を組み入れているのも、このような現実があるからかもしれません。

ちなみに、日本のインフレ連動債が採用している指数はCPI(生鮮食品を除く)です。

表1. 日本の消費者物価指数
系列 生鮮食品を除く総合 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合 生鮮食品、石油製品及びその他特殊要因を除く総合
(コア) (米国型コア、コアコア) (参考)
作成 総務省 総務省 内閣府
除外している品目 生鮮食品 食料(酒類を除く)※ 米類
生鮮食品
鶏卵
  電気代 電気代
都市ガス代 都市ガス代
プロパンガス プロパンガス
灯油 灯油
    診療代
  ガソリン ガソリン
固定電話通信料
    切り花
介護料
たばこ
総合を10000とした場合のカバレッジ 9588 6809 8301

※総合から除かれる食料は、米類、生鮮食品、鶏卵に加え、菓子類や外食など酒類以外の他の食糧すべてであり、内閣府で公表している系列とは範囲が異なる。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


CPIも2%近い上昇が見られて、いよいよインフレ指標が生活実感に追いついてきた感じですね。
企業物価指数は以前からかなり上がっているのに。

うさみみはインフレの経験が無いので、どんな風になるか戦々恐々デス。。。
[ 2008/07/29 21:46 ] [ 編集 ]
私もインフレの経験がありません。年配者に話を聞くと、過去の数字(インフレ率)が示しているよりも厳しかったようです。

インフレは上がり始めたら速いといわれていましたが、今年に入ってからは伸びのペースが速いですね。

低位に安定して上昇してくれれば良いのですが…。
[ 2008/07/30 00:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。