for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

消費者物価指数(Consumer Price Index) 

 ヘドニック法の適用などにより、消費者物価指数の変化は実生活上において感じる変化よりも緩やかに感じるのかもしれません。
 そういう意味で、日銀は(数字の上では)うまく物価の上昇をコントロール出来ているようです。

消費者物価指数

概要
 一般家庭が家計により購入する商品(財およびサービス)の価格を、基準時点(5年ごとに改定)の消費構造に基づいて固定し、購入の維持に要する費用を数値化し、商品価格の変化を表す。

サンプル数
 全国167都市の約3万店舗で25万店程度の価格がサンプリングされる。

品目数
 平成17年(2005)年12月14日現在598品目。

生鮮食品
 生鮮食品は天候、気温等の影響を受けやすく、価格変動が不規則であるため、数値全体に対する撹乱要因になる恐れが極めて高い。そこで、数値に安定的な推移を見るため「総合指数」から生鮮食品を除いたものが現在の「コアCPI」である。

ウエイト
 品目全体を10000として、各品目の消費支出全体に占める割合を示す数字。
 (下図の枠内の数値はウエイトを示す)

類・品目            
大分類 中分類2 小分類1 小分類2 品目1 全国 東京都
総合           10000 10000
食料               2586 2460
住居         2039 2629
光熱・水道        676 580
  電気代      292 247
         電気代 292 247
   ガス代       171 166
        都市ガス代 93 159
         プロパンガス 78 7
   他の光熱      53 9
          灯油 53 9
    上下水道料      160 158
          水道料 104 86
        下水道料 56 73
家具・家事用品               344 286
被服及び履物         464 492
保健医療         448 410
交通・通信         1392 1018
  自動車等関係費       778 386
      自動車   179 43
     自動車等維持   592 337
        ガソリン 224 84
教育         364 465
  授業料等       273 340
教養娯楽         1100 1110
  教養娯楽用耐久財       118 102
        テレビ(薄型) 37 24
        DVDレコーダー 10 11
        パソコン(デスクトップ型) 13 12
       パソコン(ノート型) 21 19
       パソコン用プリンタ 4 4
        カメラ 8 10
        ビデオカメラ 4 4
  教養娯楽用品      233 210
    文房具     23 23
        ボールペン 3 3
   運動用具     52 45
        ゴルフクラブ 5 8
       サッカーボール 1 1
        グローブ 1 1
   がん具     26 22
  書籍・他の印刷物      161 157
    新聞代     105 99
    雑誌     19 16
    書籍     37 42
  教養娯楽サービス       588 640
    宿泊料     89 102
    パック旅行     51 71
    他の教養娯楽サービス     337 346
      受信料   68 61
        放送受信料(NHK) 41 34
       放送受信料(ケーブル) 23 25
       放送受信料(NHK・ケーブル以外) 4 3
     入場・ゲーム代   168 181
       映画観覧料 38 48
諸雑費            586 550
  たばこ        63 48
        たばこ(国産品) 48 36
       たばこ(輸入品) 16 12
Source: 総務省 統計局


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


私もこのデータ(消費者物価指数の各品目ウエイト)が気になって探していたところでした。
ウエイトとしては、それほど大きくない教養娯楽用耐久財(パソコンなど)が、指数の低下には大きく寄与してしまっているようですね。
[ 2008/08/02 08:52 ] [ 編集 ]
パソコンも大画面テレビも毎年買うものではないですが、指数の低下に寄与しているようですね。
(安くなったといっても20万円、30万円というのは高額ですが…)

それよりも、指数と実生活の乖離が気になってしまいます。
[ 2008/08/02 20:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://fortheopensociety.blog17.fc2.com/tb.php/107-eb73b09e

先日の記事のコメントを書いていて、消費者物価指数と実生活での印象との乖離が気にな...
[2008/08/02 10:26] 投信で手堅くlay-up!
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。