for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Dow上昇率:インフレ上昇率 = 1:1 

 図は1900年から現在までのDow平均、CPI調整後Dow平均、修正前CPI調整後Dow平均です。 1990年代の株価上昇局面(のちにバブルであったことがわかる)を除いては、CPI調整後Dow平均は横ばいを続けています。
 長期的には、Dow(株式)はインフレ率を凌駕するとはいえないまでも、キャッシュを持っているよりかはインフレに対して有効な手段であることがわかります。

2008_08_09.png

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


いい資料をみせていだたきました。感謝です(^^♪

株がインフレに本当に勝てるかなんて考えたりしたことがあります。
商品でなければだめなのかとか。
ただ、商品はインカムゲインを産まないし。

債券投資はインフレに弱いといわれていますが、利回りのいい時の債券をシッカリ持つという判断は悪くないようにも。
そういうタイミング自体が希少という問題はありますが(^_-)-☆
[ 2008/08/09 22:52 ] [ 編集 ]
タイミングは重要ですね。

現在は、株を持たずにゴールドを持ちたい気分です。
[ 2008/08/12 20:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。