for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

近年の危機とアセットクラスのリターン 

表は近年のイベントとその期間における各アセットクラスのリターンです。

一つの資産に偏ることなく分散されたポートフォリオは、価値を毀損することなく、むしろ増やしていることでしょう。

重要なのは、危機が起こるたびに通貨供給が行われ、通貨の価値を下落させていることです。
すでに、GDPの増加分よりも通貨供給量の方が多い状態が続いています。
今後、債券と株式のような金融資産から得られるリターンは、インフレ率を下回り続けることが予想されます。

・Lehman Brothers Long Term Government Bond Index(LTGB Index)
・S&P 500
・MSCI EAFE
・Goldman Sachs Commodity Index (GSCI)

  from to LTGB Index S&P 500 MSCI EAFE GSCI
アジア通貨危機 1997年10月1日 1997年10月31日 3.36% -3.34% -7.69% 2.75%
ロシア財政危機  1998年8月1日 1998年9月30日 8.18% -8.98% -15.07% 3.72%
ITバブル崩壊 2000年4月1日 2003年3月31日 38.32% -40.92% -47.92% 25.03%
サブプライム危機 2007年7月1日 2008年8月31日 (no.1)  14.87% -12.60% -16.99% 43.46%
no.1 進行中


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


常に表面的なリターンではなく「通貨価値」を考慮した視点が非常に参考となります。

こういうデータを見ると、実物資産の相対的な価値が向上していることがよくわかりますね。
[ 2008/09/28 10:09 ] [ 編集 ]
現在は管理通貨制度が採られているのですから、通貨の供給量と通貨価値を考慮するのは非常に重要だと思っています。

通貨供給によるGDP押し上げ効果は年々減ってきており、現状は通貨供給1ドルに対して名目GDP1ドルの上昇効果は得られていません。
よって、過去のような株式からの高いリターンは得られないはずです。
その代り、通貨価値の下落を考慮した資産運用が必要になってくると思います。
[ 2008/09/28 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。