for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ノーベル経済学賞 

 1990年代に入ってからというもの、世界各地において通貨・金融危機が頻発しています。1992年から93年にかけてのERM 危機、1994年末のメキシコ通貨危機、1997年のアジア通貨危機、1998年春から夏のロシア、さらに1998-99年以降のブラジルやアルゼンチン、2000-2003年のITバブル崩壊、2001年のトルコ、そして今現在のラブプライム危機、世界経済に大規模な影響を与える通貨危機が続いています。

 頻発する危機は、当然、資産運用にも影響を及ぼします。しかし、そのような状況においても資産を増やし続けてきた方法や思考が存在しており、今回のサブプライム危機においても優位性は失われていないようです。
 おそらく、2030年頃のノーベル経済学賞には、現在ごく一部で採用されている資産運用に関するテーマがノミネートされることでしょう。ただ、その後に多数派となったときには今ある優位性は失われているかもしれません。

<参考>
 アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞(ノーベル経済学賞)は、アルフレッド・ノーベル自身が設置、遺贈したものではなく正確にはノーベル賞ではない。そのため、他の賞と違ってノーベルの遺産から賞金は支出されていないが、選考方法や賞金額、授賞式などの諸行事はノーベル賞に準じて定められ、実施されている。受賞は1969年より開始された他の部門と同じく、1回に受賞可能な人数は3人が上限であり、共同受賞の場合は同じ受賞理由が適用される。 ---Wikipedia


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。