for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新たな資本主義の構築に向けて 

資本主義の枠組みが変わり始めています。

 米国発の金融危機により、米国の象徴ともされる2つのセクターが危機に瀕しています。
ひとつはシティグループなどの銀行業界であり、もう一つはGMを代表とする自動車業界です。
 米国政府は米国経済の崩壊を防ぐため、金融だけに限らず実体経済にまでも公的資金を入れようとしています。公的資金の注入が実現すれば、2008年は「米国型の資本主義が終焉し、権力の中心が民から官へ移った」歴史的な年になるかもしれません。数十年後にはバラク・オバマ前後と置き換えられているかも知れません。

 資本主義の本質が利益の追求であり、利益の追求により富める者とそうでない者との間に格差が生まれたのであれば、それは是正されることでしょう。実際に、金融業界や自動車業界の救済プランに対する米国議会の決断や、オバマ次期大統領の税金に対する考え方からも、格差を是正する方向へ向かっているように思えます。

 世界が共存していくための新しい秩序が構築されるときにオバマ氏が大統領であることに、世界は救われることでしょう。

Obama’s Plan for America 1
Obama’s Plan for America 2
米国に変化が訪れた


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。