for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高格付社債への投資 

 実質ベースで1982年から四半世紀続いてきた株式の上昇相場は終わり、それ以上の長期に渡った信用創造による金融の時代が終わろうとしています。

 2008年の株式市場の調整を受けて、投資家は投資配分を資本構成でより上位に位置する投資対象へとシフトさせていくことが予想されます。

 また、米国政府による金融安定化プログラムは企業への直接的な資本注入に重点を置いています。  このような政府による資本注入先は、資本構造の中で株式よりも上位に位置するため、企業の優先債および劣後債保有者にとって好材料である一方、株式保有者にとっては希薄化につながる恐れがあるといいます。

 社債は株式よりも高パフォーマンスを上げる可能性が高いようですので、高格付債への投資を検討したいと思います。

 候補に挙がるのが、高格付債に投資するETFである iShares iBoxx $ Investment Grade Corporate Bond Fund (LQD)です。LQDは総資産の90パーセントを iBoxx米ドル建て高流動性投資適格インデックスに投資し、そのうち95パーセント以上を投資適格社債に投資します。
 毎月分配されるというのがネックですが、オバマ政権の意向に沿ったETFだと思います。

 表は上位25の保有社債です。

  Top 25 Holdings Maturity Date % Net Assets
1 PEPSICO 11/01/2018 1.25
2 Johnson & Johnson 5.55% 08/15/2017 1.21
3 INTERNATIONAL BUSINESS MACHS 10/15/2038 1.18
4 Johnson & Johnson 5.15% 08/15/2012 1.17
5 Abbott Labs 5.15% 11/30/2012 1.17
6 Wal Mart Stores 5.375% 04/05/2017 1.15
7 Astrazeneca 5.4% 09/15/2012 1.14
8 UNITED PARCEL SERVICE 01/15/2013 1.14
9 Johnson & Johnson 5.95% 08/15/2037 1.14
10 Abbott Labs 5.6% 11/30/2017 1.14
11 Ibm Intl Grp Cap 5.05% 10/22/2012 1.13
12 WAL MART STORES 04/15/2013 1.13
13 Berkshire Hathaway Fin 5.125% 09/15/2012 1.13
14 Bk New York Mtn Bk Ent 4.95% 11/01/2012 1.13
15 Jp Morgan Chase 5.375% 10/01/2012 1.12
16 Wells Fargo 5.25% 10/23/2012 1.12
17 DEUTSCHE BK AG 10/12/2012 1.12
18 Barclays Bk 5.45% 09/12/2012 1.12
19 GLAXOSMITHKLINE CAP 05/15/2013 1.12
20 ORACLE CORP --- 1.11
21 Walgreen 4.875% 08/01/2013 1.11
22 Astrazeneca 5.9% 09/15/2017 1.1
23 GLAXOSMITHKLINE CAP 05/15/2018 1.1
24 General Elec Cap 5.25% 10/19/2012 1.09
25 Intl Busn Machs 5.7% 09/14/2017 1.09
2008年11月30日現在


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


明けましておめでとうございます。今年も、ドシドシ、反政府的、「それはチャウヤロー」「オレはこう思う」的なブログネタ、期待してまっせー。海千山千、攻撃的、積極的FPのブログでは昨年末、晩秋の頃、米国債バブルのとき、「信用リスクの高まりで米国債、バブル的に暴騰しているが、今は、米国債売り→社債買い」の指摘も見ました。そのLQDと米国債(TLT)の比較チャート(↓)。通常の株↓で債券↑だけじゃなく、まさに信用リスクが極限まで高まり、社債から国債に投資資金が逃げた様子が窺えますね。タイミングで言えば、昨年秋だったら、オーバーシュート分も利益上積みできたね。
http://finance.yahoo.com/q/bc?s=LQD&t=my&l=on&z=m&q=l&c=TLT

ところで、昨年末、TLTチャートを用いて、あっちこっちのブログで”米国債バブル警報”を発令して回りましたが、どうやら、天井で”窓明け”でしかも”十字線”まで出して昨日、116$まで急落(↓)。このまま崩れていけば・・・。これも、ある意味、ベキ分布だったのでしょう。この先、株でもReitでもコモディティでも債券でも、現代ポートフォリオ理論の根幹、正規分布を外れていくでしょうから、”バブル警報発令”が重要度を増すでしょうね。
http://finance.yahoo.com/q/bc?s=TLT&t=2y&l=on&z=m&q=c&c=

自分の保有するアセットクラスで”ベキ分布=バブル”が発生したら「これ幸い!→(喜んでいる場合ではなく)→ホナ、サイナラ!」しかないんでしょうね。

ではでは、今年も宜しく。
[ 2009/01/05 17:53 ] [ 編集 ]
Werder Bremenさん、今年もよろしくお願いします。

「反政府的」ですか?
実は、私自身は政府(の政策)側にいたいと思っています。

今年も昨年と同様に、個人投資家が長期的視点で資産運用に応用できる記事を書いていきたいと思います。

ところで、昨年末の状況からTBTやPSTについての記事を書こうと思ったのですが、上記理由からショートは長期的運用に適するだろうかと考えた結果、却下しました。
[ 2009/01/06 00:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。