for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コア資産のリターン 1986/1/1~2008/12/31 

 株式、債券、不動産、コモディティ、そしてCPI上昇率など、すべてのアセットクラスから得られるリターンは均衡します。理論上、長期的にはすべての資産は1対1の相関となります。

 短期的には、金融レバレッジの活用と投資家行動の予測不能性が1対1の完全な相関を歪ませることは確かですが、長期的には完全な相関となることは学者を含め大方の一致した見解になっています。

 過去の歴史において株式のリターンが他の資産のリターンに比べ優れていたのは、金融レバレッジの活用に他なりません。
 現在の調整はまさに、信用創造の世界と実体経済との差を埋める作業が行われているからですが、この調整があとどれだけ進むのかはわからないところがあります。

 上記を踏まえ、コア資産の過去のリターンを見てみます。
1986年から2008年の間でリターンの高い順に並べると次のようになります。

・Lehman Brothers Long Term Government Bond Index :9.77%
・S&P 500 :9.05%
・MSCI EAFE :7.28%
・Goldman Sachs Commodity Index (GSCI) :6.98%

 相対的に比べると、債券が割高でコモディティが割安となります。
 世界経済の成長が鈍化していく中、今までどおりのリターンを求めることには無理がありますが、相対的な関係は考慮していきたいと思います。


1986年1月1日から2008年3月31日までの5年ごとのデータです。 (最後は2006年1月1日から2008年12月31日までの3年間です)
    1/1/1986~12/31/1990 1/1/1991~12/31/1995 1/1/1996~12/31/2000 1/1/2001~12/31/2005 1/1/2006~12/31/2008
Lehman Brothers Long Term Government Bond Index 10.78% 12.72% 7.28% 7.58% 11.15%
S&P 500 13.14% 16.60% 18.33% 0.54% -8.36%
MSCI EAFE 18.04% 9.37% 7.13% 4.55% -7.35%
Goldman Sachs Commodity Index (GSCI) 23.60% 1.72% 9.31% 9.83% -15.51%
表中の数字はannualized return

次に1986年1月1日から2008年12月31日までを通したデータです。
    1/1/1986~12/31/2008
Lehman Brothers Long Term Government Bond Index 9.77%
S&P 500 9.05%
MSCI EAFE 7.28%
Goldman Sachs Commodity Index (GSCI) 6.98%
表中の数字はannualized return

注:開始が1986年1月1日からであることに特に意味はありません。これ以前の信頼できるデータが無かったからです。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。