for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米大統領就任演説、就任演説の内容――新しい平和の時代世界導く。 

 オバマ新大統領の二十日の就任演説の内容は次の通り。

【2009/01/21, 日本経済新聞 夕刊 より引用】

 私は今、直面する使命を謙虚に受け止める。あなたがたにもらった信頼に感謝する。先祖が払った犠牲を忘れない。ブッシュ大統領の国への奉仕と、政権移行期に示してくれた寛大で協力的な姿勢に感謝する。
 今をもって、四十四人の米国人が大統領の宣誓をした。宣誓は繁栄の高まりのなかで行われることもあれば、穏やかな平和のなかで発せられることもある。しかし、宣誓はしばしば嵐が巻き起こるなかで行われた。この瞬間、米国は高い地位にある者の能力やビジョンのためだけでなく、国民皆が先祖の理想や独立宣言に忠実であるために前進してきた。
 ずっとそうあり続けてきたし、現代の米国人もそうあるべきだ。
 よく理解されているように、我々は危機のまっただなかにいる。米国は暴力と憎しみのネットワークと戦争中だ。経済は一部の人々の強欲と無責任の結果として、ひどくぜい弱になった。同時に、難しい選択をせず、国家を新しい時代に準備してこなかった集団的な失敗でもある。家は失われ、仕事は奪われ、企業は破綻した。健康保険はコストがかかりすぎ、多くの学校が荒廃している。
 これらは危機の指標だ。もっと把握しにくいのは、失われた自信や米国の衰退が必至なのではないかという恐れなどが国家に広がっているのではないかということだ。
 今日、我々が直面している危機は現実のものだ。それらは深刻で多くの危機だ。短期間で解決できるものではない。しかし米国よ、これらは必ず解決できる。

混乱終結の時
 今日この日、我々は恐れより希望を、争いや仲たがいより結束を選んだ結果、こうして集まった。今日この日、我々の政治を長いこと混乱させてきた不平や間違った約束、非難や、独断的な意見などの終わりを宣言するために集まった。
 我々は若い国家であり続ける。子供じみたことをやめる時が来た。我々の不朽の精神を再確認し、より良い歴史を選び、高貴なアイデアを世代を超えて受け継ぐ時が来た。すべての人が完全な幸福を追求するチャンスを持ち、平等で自由であるという神の約束を確認するときが来た。
 我々の国の偉大さを再確認するとき、我々はその偉大さが決して生まれ持って与えられたものではないことを理解している。それは勝ち得たものでなくてはならない。我々の道は近道や妥協であったことはない。リスクをとり、行動し、物を作り出す人々によって、我々は繁栄と自由への長い道のりを導かれてきた。
 我々は依然として地球上で最も強い国家だ。我々の労働者は、今回の危機が始まってから生産性が落ちたわけではない。我々の能力は消え去ることはない。今日から我々は立ち上がり、ホコリを落とし米国を再生する作業を始めなくてはならない。
 経済の現状は断固とした迅速な行動を求めている。新しい雇用を創造するだけでなく、成長の新しい基盤を敷くために我々は行動する。
 我々は道路を建設し、橋を架け、商業を育てて我々を結びつけるために、送電網や通信網を構築する。科学のレベルを引き上げ、医療・福祉の質の向上とコストを抑えるためにテクノロジーの素晴らしさを行使する。太陽光、風力などを自動車や工場などに活用していく。新しい世代の需要に合うように教育機関を変革していく。これらは全部、実現できる。我々はやるのだ。
 我々の希望の大きさについて疑問を持つ人々がいる。彼らは我々のシステムがあまりに多くの計画に耐えられないと主張する。彼らはこの国がなし遂げたことを忘れている。
 我々が今日問うているのは、我々の政府が大きすぎるか、または小さすぎるかといったことではない。家族が収入が得られる仕事にありつけ、家族を養うことに寄与しているかなどといったことであり、政府が機能しているかどうかということなのだ。答えがイエスなら、我々は前進していく。ノーなら計画を中止する。市場が善か悪かといったことも問うてはいない。市場の力は富を生み、自由を広げる。しかし、今回の危機は、市場に対する監視の目がなければ、市場が制御不能に陥ることを思い出させた。
 建国の父たちは法による支配や人間の権利などを確かなものにする憲章を書き上げた。これらの理想は今でも世界を照らしている。前世代を思い起こせば、ファシズムや共産主義を倒したのはミサイルや戦車ではなく、強固な同盟と永続する信念だった。彼らは単独では自分たちを守れないことを理解していた。その代わり彼らは力を深慮をもって使うことでその力が増すことを知っていた。我々の安全は大義の公正さ、模範の持つ力、謙虚さや自制から生じるものだということも知っていた。  我々は責任を持ってイラクを同国民に返し、アフガニスタンの平和のために努力する。旧友やかつての敵と手を携え、核の脅威削減、地球温暖化問題に取り組んでいきたい。自らの目的を達成するために、テロによって無実の人たちを殺害する者に対し、我々の防衛しようとする意識はより高まっており、我々は必ず勝利すると宣言する。

多様性は強み
 米国の多様性は弱みではなく、強みだ。我々はキリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒、ヒンズー教徒、無宗教の人がいて、すべての言語と文化が共存する国だ。世界が小さくなる中で、米国は新たな平和の時代に世界を導く役割を果たさなければならない。
 イスラム世界に対して、我々はお互いの利益と理解に基づいて前進する用意がある。汚職を続ける指導者は歴史の誤った方向に進んでいるということを認識すべきだ。
 貧しい途上国の人々に対しては、畑が豊かになり、きれいな水が流れるようになるよう取り組んでいく。米国のような豊かな国は、途上国に負担をかけたり、資源を無駄遣いしたりすることはもうできない。世界が変わったため、我々もそれに合わせて変わらなければならない。
 我々の前に開かれた道を考えるとき、私たちはこの瞬間にもはるか遠くの砂漠や山々を警備している勇敢な米国人たちを謙虚な感謝とともに思い出す。アーリントン(国立墓地)に横たわる亡くなった英雄たちが時代を超えてささやくように、彼らも我々に何かを語りかけている。彼らは私たちの自由を守っているだけでなく、貢献の精神や、自分自身より大事な何かに意味を見いだそうとする意志を体現しており、我々は彼らを誇りに思う。現在の時代を定義するであろう今、この精神こそが我々みんなが持たなくてはいけないものだ。

前進の原動力
 政府ができること、やらなければならないことはあるが、この国が頼りとするのは米国民の信念と決意だ。堤防が崩れた時に困っている人を受け入れる優しさ、友人が職を失うくらいなら自分の労働時間を短縮する無私の人、煙に満ちた階段を駆け上る消防士の勇気。子どもを育てる親たちの意欲。これらが我々の運命を決める。
 我々が立ち向かう挑戦は新しい。それに立ち向かう手段も新しい。しかし、我々の成功のカギを握る価値観は古い。それは労働、勇気、公正さ、寛容、好奇心、忠誠心、愛国心などだ。これらは我々の歴史を通じて前進の静かな原動力となってきた。
 いま求められているのはこうした真実に立ち戻ることだ。求められているのは新しい責任の時代だ。米国民の一人ひとりが個人、国家、世界に対して義務を負うという認識だ。いやいや請け負う義務ではなく、喜んでつかむ義務だ。難しい課題に全力で向かうことほど、精神を満たし、我々らしいことはないからだ。
 これが米市民としての代価であり、約束である。それは我々の自信の源泉でもある。これがあるからこそ、きょうこの素晴らしいモール(並木道)にあらゆる人種とあらゆる宗教の男性、女性、子供が集まり祝うことができるのだ。これがあるから六十年前ならレストランで食事をすることもできなかったかもしれない男の息子が、いまあなた方の前で最も神聖な宣誓をできるのだ。
 だから、我々がどれだけ歩んできたかを振り返りながら、この日を覚えておこう。米国が生まれた年、最も寒い月に、小さな愛国者の集団が川沿いに集まった。首都は見捨てられた。雪には血がにじんだ。革命(独立)の行方が最も危ぶまれた時、我々の国の父は人々にこう読むよう命じた。
 「未来の世界に我々はこう宣言する。希望と善以外は何一つ生き残ることができない真冬の日に、一つの危機に接し、都市と国家はともにそれ(危機)に立ち向かった」
 アメリカよ。危機に直面した今、この困難の冬に、我々はこの永遠の言葉を思い出そうではないか。希望と善によって、氷のように冷たい流れにもう一度勇敢に立ち向かい、来る嵐に耐えようではないか。子々孫々が今を振り返った時に、我々が試練の時に旅を終えることを拒否し、引き返すこともたじろぐこともなかったということを語り継がせようではないか。地平線に視線を定め、神の慈悲を身に浴びて、我々は自由という偉大な贈り物を前進させ、将来の世代に安全に送り届けたということを。


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


小生、コメント(汗)。まあ、日本の”漢字は読めへん”、”カップラーメンは4、5百円やったかな~”なんてトンチンカンな総理大臣よりは期待できるやろうけど、オバマはんも大変や。国債もぎょうさん刷らなあかんし、買い手を探さなならんしな。そうそう、あなたの言うてた高格付け社債とか、米国債ショートのETFの話が載ってたで(↓)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090126-00000783-reu-bus_all

良いセンスしてるやん。小生も米国長期ゼロークーポン債、ドンピシャ、売り逃げたようや(冷汗、EDV、↓)。

http://finance.yahoo.com/q/bc?t=1y&s=EDV&l=on&z=m&q=l&c=SHY%2CIEF%2CTLT

分散投資の根幹理論、良い方にも悪い方にも「ベキ分布」を実感したは。あなたもこれからブログで、「危ないで~、持ってたら早よ逃げなあかんで~」の”バブル警報ネタ”、ドンドン書いて皆を”啓蒙”してや。

ホナ。
[ 2009/01/26 17:51 ] [ 編集 ]
オバマ大統領の就任演説は、「合衆国の現状を反映するものになる」と自身が事前に語っていたとおりの内容でしたね。
今回の就任式は歴史の一部であり、一生に一度のことなので寝ないで中継を見てました。

現在、株式は歴史的に見て割高ですので、今後インフレ率よりも(金に対しても)パフォーマンスが劣ります。経済は停滞しますが、政治の求心力で乗り越えていきましょう。
[ 2009/01/27 00:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。