for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

株式 1969年~2008年のリターン 

表は、1969年から2008年における、各国株式のリターンです。
USはS&P500, UKはFTSE100というように、その国を代表する指数(配当込み)の推移を現地通貨建てで表し、1969年の株価を"1"としています。

日本とドイツのパフォーマンスが低く、英国とオーストラリアのパフォーマンスが高くなっています。

表1. 1969年から2008年における各国株式指数の推移(配当込み, 現地通貨建て
  US UK Japan France Australia Italy Canada Germany
1969 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0
1979 1.8 2.6 3.3 1.9 2.3 0.7 2.7 1.2
1989 8.9 22.4 25.7 14.0 11.6 8.7 8.5 5.4
1999 47.5 89.8 16.7 53.1 32.9 28.4 23.3 17.0
2008 34.1 81.3 9.2 40.1 55.0 19.7 29.8 12.4

次に比較しやすいようにUSドル建てで比べてみます。
USドル建ての場合、イタリアのパフォーマンスが低く、英国とフランスのパフォーマンスが高くなっています。
イタリアのみが目立って低いですが、その他の国では大きな差はないようです。

表2. 1969年から2008年における各国株式指数の推移(配当込み, USドル建て
  US UK Japan France Australia Italy Canada Germany
1969 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0
1979 1.8 2.4 5.2 2.8 2.3 0.6 2.5 2.7
1989 8.9 15.0 67.2 14.1 8.2 4.3 7.9 11.9
1999 47.5 60.3 61.2 47.2 19.3 9.2 17.2 32.2
2008 34.1 49.5 38.2 49.7 34.8 8.9 26.3 32.6


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://fortheopensociety.blog17.fc2.com/tb.php/182-3f229753

管理人の承認後に表示されます
[2015/01/05 21:10]
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。