for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

株式・債券 1969年~2008年のリターン 比較 

前回の記事を元に、1969年から2008年における株式と債券のリターンを比較してみます。

株式 1969年~2008年のリターン
債券 1969年~2008年のリターン

リターンのトップ3は、ドイツ債券/フランス株式/英国株式です。
逆にボトム3は、イタリア株式/オーストラリア債券/イタリア債券でした。
(イタリアは1970年代に何かあったのでしょうか?)

米国株式と債券は中の下といったところです。

現在の金融制度のもとでは、理論的にはあらゆる資産のリターンは均衡するといわれているように、実際にデータで確認すると均衡していることがわかります。

表1. 1969年から2008年における各国株式指数の推移(配当込み, USドル建て
  US UK Japan France Australia Italy Canada Germany
1969 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0
1979 1.8 2.4 5.2 2.8 2.3 0.6 2.5 2.7
1989 8.9 15.0 67.2 14.1 8.2 4.3 7.9 11.9
1999 47.5 60.3 61.2 47.2 19.3 9.2 17.2 32.2
2008 34.1 49.5 38.2 49.7 34.8 8.9 26.3 32.6


表2. 1969年から2008年における各国国債の推移(10年債, USドル建て
  US UK Japan France Australia Italy Canada Germany
1969 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0
1979 1.8 2.2 3.0 2.5 1.7 1.4 1.7 4.7
1989 6.1 6.1 12.2 7.2 4.0 4.6 6.3 10.5
1999 13.1 16.3 34.6 16.2 11.0 11.9 14.1 20.6
2008 27.2 27.9 45.3 39.0 24.8 25.8 33.8 50.4


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


日本のリターンが株・債券ともにアメリカを上回っていることが正直驚きです。

こんな重要な事実にまったく気付きませんでした。
[ 2009/05/22 16:19 ] [ 編集 ]
米国資産の名目上の高リターンは、ドルの減価によって支えられているので、ドル以外の通貨に換えると新たな発見があります。

逆に、(当然ですが)米国株と債券を1969年から40年間保有しても円建てでは一桁台の倍率にしかならなかったということになります。
[ 2009/05/22 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。