for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

弱気相場の比較 

株式市場の長い歴史の中では似たような軌跡を描くチャートは必ず存在するはずです。
似ているというだけで単純に比較すること自体は無意味なことだと思います。
しかし、バブル崩壊後で民から官へ権力が移行した現在の金融市場を、過去の同様な時代と比較することは大きな意味があると思います。

図は、過去と現在の弱気相場の比較です。
1929年9月のダウ平均のピークと1989年12月の日経平均のピークを2000年3月に合わせています。

この先、S&P500やNasdaqは大きな下落はないと見えるし、大きな上昇はないとも見えます。

ドルの下落やインフレなどの別の問題にも目を向けた方がよいのかも知れません。
20090531.png

私個人の見解では、S&P500のピークは2007年ですので、2007年を2000年に合わせた方が適切だと思います。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。