for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハーバード大基金よりも運用上手な名門大学 

2008年財政年度において、ペンシルベニア大学基金がハーバード大学基金の運用成績を追い抜いたようです。

【2009/08/24, IBTimesより引用】

ハーバード大基金よりも運用上手な名門大学

米ペンシルベニア大学が、ハーバード大学を基金の運用成績で追い抜いた、とブルームバーグが報じた。

 ペンシルベニア大学基金が好調だった要因は、株式の銘柄選択が正しかったこと、米国債権の保有比率を増やしたことなどだという。特に株式は市場平均を上回ったという。また、特徴として、大型の典型的な基金とは違い、プライベートエクイティ、不動産、天然資源などに大きく投資をしないことだという。

 ペンシルベニア大学は予算の9%を基金のリターンでまかない、大幅な予算削減や人員削減などは免れたという。新年度の予算作りも、苦しむ他の名門大学と比べて楽だったという。

【引用終わり】

関連記事 米ペンシルベニア大、資金運用でハーバード抜く しのぎ削る有名大

ペンシルベニア大学基金の2008年財政年度(2008年7月~2009年6月)のリターンは、マイナス15.7%となったようです。同期間のS&P500指数のリターンはマイナス26.2%ですので、ペンシルベニア大学基金はS&P500を大きくアウトパフォームしたことになります。

その理由として、ペンシルベニア大学基金が以下の戦略をとったことが功を奏したと発表しています。

・十分に分散する
・米国債をコアにする
・株式はバランスシートの優れた優良企業に投資
・リスクマネジメントを強化
・株式への配分を2008年初めに削減

気になるペンシルベニア大学基金のアロケーションは、次のようになっています。

表 ペンシルベニア大学基金 アセットアロケーション (2008年6月30日時点)
米国株式 19.7%
外国株式 21.1%
エマージング株式 4.9%
債券 15.5%
絶対収益 25.7%
プライベートエクイティ 6.1%
不動産 5.4%
天然資源 1.6%

2008年6月30日時点のアロケーションですので、現在においては若干異なると思いますが、いつの時代においても広く分散することの正当性は失われていないようです。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


絶対収益ってヘッジファンドのことですよね。
プライベートエクイティ、不動産、天然資源などに大きく投資をしないとはいうもの、ヘッジファンドだけで25%以上、オルタナティブ合計では40%近く。
攻撃的なポートフォリオですね。
[ 2009/08/30 11:45 ] [ 編集 ]
株式債券コモディティ不動産、そして現金…と、資産を分散するよう心がけています。最近、ここにヘッジファンドを加えるべきか悩んでおります。

個人の資産運用で、ヘッジファンドに投資することについてどうお考えでしょうか?
[ 2009/08/30 19:25 ] [ 編集 ]
名前の欄を間違えておりました。

[ 2009/08/30 19:28 ] [ 編集 ]
>マウリニョさん

ヘッジファンドという大きな枠の中でも戦略が細分化されているため、25%という数字は大きく見えても、中身は広く分散されていると思います。

大学基金という性格上、運用は保守的にならざるをえないと思います。
彼らにしてみれば、オルタナティブにも投資することが、安定した成績を残せる保守的な運用手段であると考えているのではないでしょうか。
[ 2009/08/31 01:01 ] [ 編集 ]
>四等分さん

よいアドバイザーに出会えれば、個人の資産運用においてもヘッジファンドに投資したほうがよいと思います。

ヘッジファンドにまつわる生存者バイアスや高い成功報酬、手数料の問題を差し引いても、代替投資として満足のいく結果を残してきています。

ただ、ヘッジファンドの情報というのは、書籍やウェブ上で手に入るものではなく、人脈で得られるものなので、個人が投資するのは難しいのが実情です。
[ 2009/08/31 01:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。