for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

個人投資家のための投資入門サイト 『わたしのインデックス myINDEX』 

すばらしいサイトの紹介です。

そのサイトとは、インデックス投資に関する情報が網羅されている 個人投資家のための投資入門サイト 『わたしのインデックス myINDEX』 です。

「わたしのインデックス」については、以前に相互リンク先でも紹介されてますので、一緒に参考にしていただければと思います。

インデックス投資派に重宝するサイト 「わたしのインデックス」 (レバレッジ投資実践日記)
わたしのインデックス myINDEX (SINCE 1962・・・)

「わたしのインデックス」はいくつかのポイントで「インデックス投資」のサイトとして非常に優れていると感じました。
そのポイントとは次の3つです。

①インデックスの対象を「株式/債券/不動産/商品/現金・他」としている。
②リターンの最長期間を過去30年としている。
③リターンは、配当込みのトータルリターンを円換算で算出している。

次はそれぞれについての理由です。

①インデックスの対象を「株式/債券/不動産/商品/現金・他」としている。

 現在の金融制度のもとでは、理論的にはあらゆる資産のリターンは均衡するといわれているため、対象を株式と債券のみに限定してはならない。


②過去のリターンの最長期間を過去30年としている。

 今後のリターンの参考にするために過去のリターンを用いるのであれば、現在と同じ金融制度、すなわち1971年以降の数字でないと正確ではない。
(本来は、過去30年ではなく、1971年以降であればさらに良いです)


③リターンは、配当込みのトータルリターンを円換算で算出している。

 たとえば、株式のリターンを比べるときには通貨を合わせて比較しなければなりません。  一見過去のリターンが高く見える米国や英国も、通貨を合わせると他の国と大差ないことがわかります。

    参考: 株式 1969年~2008年のリターン


理屈はともかく、「わたしのインデックス myINDEX」を一度訪れてみてはいかがでしょうか。


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


私のブログの紹介ありがとうございます。

このサイト、私も最近知ったのですが、優れもののサイトですね。
[ 2009/09/27 13:49 ] [ 編集 ]
データだけでなく、投資に関する一般的な情報がまとまっており、読み物としても優れていますね。

素晴らしいサイトですので、他のサイトにおいても、もっと紹介されても良いと思いました。
[ 2009/09/28 00:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。