for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日米金利差 

プラザ合意前後から日米金利差は常に3%といわれてきました。
この金利差が長期的には為替リスクを軽減するというのが、販売側の謳い文句です。

しかし、通貨投資はゼロサムゲームです。

個人投資家のための、まじめな投資入門サイトである「私のインデックス my INDEX」によると、2009年8月末に点における過去30年の米ドルの円建てリターンは、年率にしてマイナス2.8%です。

米ドル [配当なし (プライスリターン)]

現在はさらに円高が進んでいるため、3%に近付いていることでしょう。
長期的には通貨への投資は、金利と手数料分だけ損をする取引のようです。


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


投資や経済学とかかわりのない人には名目リターンと実質リターンを区別して理解するのはそこまで難しいのかと・・・・・こういう数字を見てしみじみ思います。これも殆ど名目での錯覚ですよね。

[ 2009/10/09 05:59 ] [ 編集 ]
ドルのように減価していく通貨で換算すると、過去のリターンは何もかも良く見えてしまいますね。
だからこそ投資本にはドル建て表記が多いので、惑わされないように注意が必要です。
[ 2009/10/10 12:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。