for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実効税率が株価に与える影響 

ある国の実効税率(所得税+社会保障費)が高くなると、その国の株価上昇率は低下するのでしょうか?

過去のようなグローバルに資金が移動することのない閉ざされた世界においては、高い実効税率は投資へ回る資金の減少につながることが予想できます。

実効税率と株価の関係についてのコラムがありましたので紹介します。

Capitalism, Socialism and 10-Year Returns of Country ETFs

表はコラムで紹介されている実効税率の高い国と低い国の過去10年間(1999年9月4日~2009年9月3日)における株式のリターン(ドル建て)です。

  Effective Tax Rate 10-Yr %
The India Fund (IFN) 43% 318%
iShares MSCI Italy (EWI) 42% 31%
iShares MSCI Sweden (EWD) 41% 44%
iShares MSCI France (EWQ) 36% 32%
iShares MSCI Germany (EWG) 35% 16%
iShares MSCI Spain (EWP) 30% 122%
The China Fund (CHN) 27% 433%
iShares MSCI Japan (EWJ) 25% -17%
iShares U.S Russell 3000 (IWV) 25% -12%
iShares MSCI Switzerland (EWL) 17% 39%

実効税率の高い国はイタリア、スウェーデン、フランス、ドイツなど、主にヨーロッパの国々です。
一方、実効税率の低い国には、日本とアメリカという経済大国が入っています。

過去10年間においては、予想に反して実効税率の高い国のパフォーマンスが実効税率の低い国のパフォーマンスを上回っています。
日本とアメリカにおいては、マイナスリターンです。(その間に弱くなっている通貨であるドル建てですので、他の通貨建てでは更にマイナスになります)

この表を見るかぎり、実効税率と株価の間には大きな関係はないようです。
グローバルに資金が移動する世界においては、実効税率は関係ないのかもしれません。

コラムでは他に株価に影響するものについて触れています。それは法人税です。

ある国の株価指数には、その国の企業が多く上場しているのですから、法人税の影響は少なからずありそうです。

実際に、過去10年において株価のパフォーマンスの低かった日本とアメリカは世界でも有数の法人税の高い国です。

2009-10-17.png
Source: 財務省(2009年1月現在)

日本とアメリカへの投資配分が増えてしまいがちな日本の投資家は、世界平均をアンダーパフォームしていたことになります。
これからは、法人税の高い国への配分は減らしたほうが良いのかもしれません。


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


非常に参考になりました。

確かに、法人税の高い国への配分は減らしたほうが良いのかもしれませんね。

中国株>日本株>インド株=海外先進国

という感じで海外先進国が少なかったのを気にしていましたが、それはそれでありかもしれないですね。
[ 2009/10/18 10:38 ] [ 編集 ]
投資信託を購入あるいは保有する際に、販売手数料や信託報酬を気にするように、法人税も気にすべきコストなのかも知れませんね。
[ 2009/10/18 17:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。