for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ニュー・ノーマル」時代の資産運用 

米国のPIMCO社が使い始めた「ニュー・ノーマル」という考え方が浸透しつつあります。

「ニュー・ノーマル」は来るべき世界経済のことで、「レバレッジ削減と規制強化により、従来まで享受していた高い経済成長率や企業利益率、そして資産収益率は低下し、以前慣れ親しんだ財やサービスの過剰消費は制約されていく」新しい局面に移行するというものです。

「ニュー・ノーマル」は過去の金融デリバティブによる「アブノーマル(異常)」に対する『ノーマル』ですから、新たな世界の到来というよりも、本来あるべき姿に戻るとも言えます。

また、「ニュー・ノーマル」の世界では、資本市場の裏付けは金融経済から実体経済へ戻ります。

PIMCO社のビル・グロス氏によると、1980年代を境に金融デリバティブの発達やレバレッジの活用の拡大が始まり、数年を除いては一貫して資産価格が名目GDP成長率を上回り続けたといいます。

資産価格上昇率と名目GDP成長率は理論的には一致しますが(一致しない世の中など永遠に続くはずがありません)、過去50年間でみた場合、資産価格上昇率と名目GDP成長率の格差は平均して年間1.3%に達しています。
年1.3%のアウトパフォーマンスを複利計算すると、50年間では当初の約2倍になり、すべての資産からのリターンは、理論的に妥当と考えられるよりも100%多くなったという結論になります。

この過大評価分が是正されると、ダウ平均は7000ドル、住宅価格は2007年の半分になるそうです。

仮にダウ平均が7000ドルであれば、金価格が3000ドル程度でDow/Godl ratio が2~3になりますから、想像できない世界ではないです。

図は、米国GDPに対する負債の比率です。80年代以降に急速に増えた負債は、「ニュー・ノーマル」の世の中ではどの程度まで減らすことができるのでしょうか。

「アブノーマル」な時代を元に正当化された株式中心の資産運用は、「ニュー・ノーマル」の世界では通用しないかもしれません。

2009-12-06.jpg
Source: Morgan Stanley



*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


こちらのサイトの根源の話の総集編みたいなものですね。これ一つを読めばグラフトン通りさんが何を言いたいのか分かると言いますか。

資産価格上昇率と名目GDPの差が累積で2倍ならば・・・・単純に株価半分と考えるのも言えてると思いました。これが今まで不思議に思っていたダウ・ゴールドレート2~3の根拠だったのですか?


後下の図見ると・・・・・物価が上がって、その後金利も上がるならば政府部門はともかく、金融・住宅ローン・GSEの部分が一番縮小するのかなあ・・・・あと事業会社もいくらか減るのかな? 大恐慌後の動きを見るとそんな風に見えます。新時代については本当に薄っすらとしか見えないですねw 
[ 2009/12/07 07:18 ] [ 編集 ]
ダウ・ゴールドレシオの根拠は、正直に言いますと、過去のグラフです。
今のように情報のあふれた世界では、探せばいくらでも肯定する資料も否定する資料も揃います。

長期的な資産運用に応用できる記事を扱うブログですから、できるだけニュートラルな視点で長期的な流れを取り上げていきたいです。

今回のビル・グロス氏のコメントも肯定する資料の一つですが、私が言っても相手にされないことが、彼が言えば起こりそうな気がするのは仕方のないことですね。

話がそれましたが、米国債務の推移は、私もROM人さんのお考えのように感じます。
[ 2009/12/08 00:08 ] [ 編集 ]
ああ・・・・あのグラフですか。妙に納得w 100年単位で見るとまた違う風景が見えるのがこの世界の不思議なところですね。



後は余談ですが・・・・知的に尊敬を集めるならばともかく、儲かる・儲からないだけで盲目的慕われるのはちょっとね・・・・・ 同じこといっても違う風に捕らえられることの差ってそういうことでしょうし。自分が満足すれば・・・・・それでいいんじゃないですかね。

余計な話でしたw 今後ともよろしくお願いしますw
[ 2009/12/08 17:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。