for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

米国 家計のポートフォリオ改善へ <債券> 

ひとつ前の記事で、米国民の株式保有率から米国の家計のポートフォリオに改善の動きがみられていることを取り上げました。

米国 家計のポートフォリオ改善へ

今回は、債券保有率をみてみます。

2009-12-16.png

債券保有率は歴史的に見て最高水準にあります。

株式保有率も高水準でした。債券と株式に配分していた資産の一部は、別の資産に移るかもしれません。
貯蓄率を増やすため現金になるのでしょうか。


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


株式と債券から減る分は貯蓄率の向上に向かうだけでなくコモディティにも向かうのでしょうか?
[ 2009/12/17 23:39 ] [ 編集 ]
歴史的な水準から判断するとコモディティへ向かう可能性も高いです。

ただ、お金というものは供給量は制御できても、それがどこへ向かうかは制御できません。
だからこそ、株式と債券だけでなく、あらゆるアセットクラスに投資することが、世界経済成長の恩恵を得るには理論的に正しいとされています。
[ 2009/12/18 23:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。