for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CRBQで商品関連企業への投資 

2009年9月21日にローンチされた商品ETFに分類されるTR/J CRB Global Commodity Equity Index (CRBQ)について調べたいと思います。

CRBQは純粋に商品に投資するETFと異なり、商品生産者の株式に投資することを特徴としています。
2010年1月7日現在、149社の商品関連企業に投資されています。以下はその一部を抜き取った企業リストですが、世界各地の企業に投資されています。

Company Country Weight Sector
Impala Platinum Holdings Ltd South Africa 0.49% Precious Metals
MMC Norilsk Nickel Russia 0.49% Base/Industrial Metals
Surgutneftegaz Russia 0.49% Energy
AGCO Corp United States 0.48% Agriculture
Anadarko Petroleum Corp United States 0.48% Energy
Nippon Steel Corp Japan 0.47% Base/Industrial Metals
Devon Energy Corp United States 0.46% Energy
Transocean Ltd Switzerland 0.44% Energy
Danisco A/S Denmark 0.42% Agriculture
PetroChina Co Ltd China 0.41% Energy
Golden Agri-Resources Ltd Singapore 0.40% Agriculture
Agnico-Eagle Mines Ltd Canada 0.40% Precious Metals
Repsol YPF SA Spain 0.40% Energy
Taiwan Fertilizer Co Ltd Taiwan 0.40% Agriculture

CRBQに投資するうえで注意しなければならないことがあります。
それは、商品関連企業の株価推移は商品価格とは連動しないため商品投資の代替とはなりえないことです。

下図はCRBQのローンチから現在までのS&P500とGSCIとの比較です。
この間、株式指数も商品指数も上昇傾向にあったためすべてが上がっているように見えますが、CRBQはS&P500に連動していることがわかります。期間が長くなればよりCRBQはGSCIではなくS&P500に連動していくことが分かると思います。

2010-01-09.png
青:CRBQ 赤:GSCI 緑:S&P500
作成:Yahoo! Finance

では、CRBQの存在意義は何でしょうか。
それはやはり「商品関連企業への投資は商品市場への投資の代替になる」と思われているからだと思います。
(代替にはならないのですが…)

ただ、商品市場が株式市場よりも高パフォーマンスを上げる期間においては、CRBQはS&P500よりも良いパフォーマンスを上げる可能性はあります。


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


上記の様なパフォーマンスのこともありますが、株式すなわち企業に投資するということは、信用リスク等余計なリスクや影響を受けるため、純粋な「商品」に投資することをジム・ロジャースは推奨していましたね。
[ 2010/01/09 07:17 ] [ 編集 ]
記事には載せていませんが、CRBQの構成銘柄の上位2社だけで10%以上ですので、上位の構成銘柄に信用リスク等が発生した場合に株価への影響は大きいと思います。

パフォーマンスからも企業の持つリスクを避けることからも、商品市場からの恩恵を受けられるのは純粋な「商品」への投資のみと結論付けることができると思います。
[ 2010/01/10 10:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。