for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

先進国の目標とされる日本の家計 

日本の家計において、金融資産に占める現金・預金は他の先進国に比べ非常に高い割合を占めています。
かつては高い現金・預金比率が経済停滞の原因とされてきたこともあります。要するに、金融資産が市中に出回らないということです。

しかし、金融バブルが崩壊しニューノーマルな世界に戻ってからは、負債に満ちた世の中において日本の健全な家計が評価されつつあるようです。

日本以外の先進国は、現金・預金の比率を上げ、住宅ローンの比率を下げる必要がありそうです。

  日本 フランス+ドイツ イギリス アメリカ
現金・預金 51% 32% 26% 16%
債券 3% 7% 1% 9%
株式 11% 16% 9% 29%
投資信託 5% 11% 6% 11%
保険・年金準備 26% 29% 54% 31%
その他の金融資産 5% 6% 4% 3%
住宅ローン 12% 28% 28% 23%
消費者信用 2% 1% 5% 6%
その他の負債 10% 2% 4% 3%
資金過不足(金融資産-負債) 75% 68% 62% 68%
Sources: Bank of Japan(2007); Bank of France(2006); Board of Governors of the Federal Reserve System(2007); Deutsche Bundesbank(2006); UK Office of National Statistics(2007).

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


なるほど日本の家計が評価され始めているんですか。
日本では投資投資と言っているのに、環境が変われば変わるのですね。まあ、そんなものですよね。

情報があふれる事で、振り回されず自分らしくあることが、難しくなっている面はありそうですが、自分で考える事を大切にしたいですね。
[ 2010/01/31 12:51 ] [ 編集 ]
あつまろといいます、はじめまして。

日本とアメリカの家計比較はよく出てきますが、
欧州はあまり目にしないので、面白いですね。

イギリスの家計バランスは、保険と年金資産の比重がかなり高く、個性的ですね。
[ 2010/01/31 14:34 ] [ 編集 ]
>うさみみさん
外のものや知らないものが良く見えてしまうというのは、どこの国でも同じだと思いました。

難しいことですが、自分で考えることは重要ですね。うさみみさんの資産運用に対する考えから、そのような意識が強く感じられ非常に参考になります。


>あつまろさん
はじめまして。あつまろさんのブログにたびたび訪問していますので、初めてという感じはしませんでしたが、「はじめまして」ですね。

おっしゃるとおり日本とアメリカの家計比較は良くあります。日本人にとっては超大国と比べるより、ヨーロッパの先進国との比較のほうが何かと参考になることが多いと思っています。
[ 2010/01/31 23:48 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/03/20 18:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。