for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヘッジファンドの基本哲学 

 1940年代にはすでにヘッジファンドの原型ができあがっている。
 ヘッジファンドの基本哲学は割高を売り割安を買うという「ヘッジ」を前提としたものであり、やみくもに投機を行う考え方ではない。

 市場を相手にする限り、ヘッジファンドといっても運用成績にはばらつきが生じる。今では、年率20%程度のリターンを毎年上げ続けるといった伝説は消え、いかに収益のブレを小さくして株式指数などのベンチマークを上回るか、という目標を設定しているファンドがほとんどである。

 正確な数字は把握できないが、現在のヘッジファンドの約半分は株式関連の運用であり、その主流は「株式ロング・ショート戦略」であろうと推測される。これはそもそもヘッジファンドが誕生した際の基本戦略であり、それが半世紀以上経過した現在でも主流であるということは、ヘッジファンドの構想そのものが、運用手法として有効であったという証明にもなるだろう。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。