for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

商品市場とマネーの接近 

日本では「商品相場」のイメージが投機・高い変動率・仕手といったネガティブな印象で覆われているが、海外ではむしろ「商品」をひとつの重要な投資機会としてとらえる向きが多い。

そもそも欧米市場では金融市場と商品市場との垣根は低かった。たとえばシカゴマーカンタイル取引所(CME)では通貨や金利、株式指数などの金融先物とバター、牛肉、豚肉などの農産物の先物を並行して取り扱っており、シカゴ商品取引所(CBT)では債券先物と一緒にトウモロコシや小麦などの先物が上場されている。

現在では、先物だけでなく指数などを利用した有価証券取引を通じて、商品市場とマネーの世界が急接近している。

先物取引の歴史

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。