for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

基軸通貨のゆくえ 

 米国という巨大な経済大国が一極をなす世界経済構造は、大きく変化している。
拡大ヨーロッパは米国経済に対抗しうる規模を得た。

 国際金融におけるドルの一極支配は、ユーロの誕生と米国の財政・経常収支の悪化で揺らいでいる。起こりうる基軸通貨の可能性はいろいろ考えられる。

・ドルとユーロの二極通貨が続く
・新たな国際通貨体制に向かう
・ドル、ユーロ、ポンド、円、元などから構成された国際通貨バスケットが誕生する
・ユーロが、ロシア・中国・インド・中東の大陸系を取り込み基軸通貨となる

 しばらくの間は、ドルとユーロの二極通貨が続くのであろうが、歴史の大きな変換点に居合わせていることに違いない。


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。