for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Drowdown, US Asset  

 資産価格のリターンと名目GDP成長率は連動しています。
   資産価格 vs. 名目GDP成長率

 現在の米国は通貨供給量の増加分のほうがGDP増加分よりも多いため、ドルの減価を考慮すると米国資産への投資はマイナスリターンとなっています。

 通貨供給量の増加分 > GDPの増加分 ≒ 資産価格の増加分

20080705-4.png

20080705-6.png

20080705-3.png


*ランキングに参加中*

投資信託ランキング

更新の励みになるので、よろしくお願いします。


コメントありがとうございました。通貨価値による補正のデータ大変参考になりました。
それにしても、ダウ、S&Pでもこの有様という事は、やはり債券投資では目減りが避けられなかった可能性が高い、この10年と言う事でしょうかね。
[ 2008/07/06 00:41 ] [ 編集 ]
期間の取り方によって違ってきますが、おっしゃる通り、債券投資でも目減りが避けられない可能性が高いです。
債券投資は金融危機やデフレに対して有効に作用しますが、インフレと逆に動く性質を考えれば、配分は低めにしたほうがよいのかも知れませんね。
(リンクを張らせていただきました)
[ 2008/07/06 03:41 ] [ 編集 ]
一番上のは何度か見たことがありますが、ドルの価値は下がる一方ですね。

円も似たような感覚なんですが、我々日本の投資家から見ても米への投資は有効ではなかったのでしょうか?

もう既に始まっているのでしょうが、先進国から新興国への富の移動を感じます。
アセットアロケーションが最重要なんでしょうね。

いろいろ教えてもらうことばかりなのですが、これからもどんどん遊びにきたいと思っています(^^♪
よければ、相互リンクをお願いできませんでしょうか(^_-)-☆


[ 2008/08/03 16:37 ] [ 編集 ]
>円も似たような感覚なんですが、我々日本の投資家から見ても米への投資は有効ではなかったのでしょうか?

結果論ではそのようですね。ただ、2000年にハイテクバブルがはじけたとき、このバブルは過去の日本のバブルよりも深刻だといわれていました。
通貨の価値の下落を含めてのドローダウンは、日本株と同様に長引く可能性は否定できません。

相互リンクの件、了解しました。ありがとうございます。
私からも相互リンクをお願いしようとしていたところでした。
(リンクを張らせていただきました)
[ 2008/08/03 20:03 ] [ 編集 ]
相互リンクの件、ありがとうございました(^^♪
早速、リンクを張りました。今後ともよろしくおねがいします(^^♪
[ 2008/08/04 06:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。