for the open society

資産運用に新たな基準を・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

資産価格 vs. 名目GDP成長率 

 名目GDPは結局のところ、世界中の資産の価値がもたらすキャッシュフローである。

 すべての資産の価格は同一の要素、すなわち名目GDP成長率に連動しているからです。資産価格の上昇の大部分は将来の成長の現在価値であり、名目GDPの長期的な動きに近くなることは、学者を含め大方の一致した見解になっています。

 名目GDP成長率は11%超の水準から低下し、過去5年では平均で6%を下回っています。そのため、将来の資産のリターンも同程度になると予想されます。株式や債券、不動産、コモディティ、等の合計から得られる近い将来のリターンは平均して最大年間6~7%になると考えられます。

20080621-1.jpg

VIX vs. S&P500 

VIX surge when stocks fall sharply.

20080609-1.jpg
source: The Small Investor's Software Co.

CRB vs FF Rate 

CRB Future Index と FF Rate には非常に強い正の相関があります。
FF Rate は一世代に一度の売りの機会です。

CRBvsFFrate.png

Money Supply Surging 

M3-Gold.gif

金融緩和により商品価格が上昇しています。

シティやメリルリンチが、SWFや外貨準備などを運用する政府系ファンドなどから資本注入を受け、バランスシートの改善に取り組んでいる現状からすると、世界は良い方向に向かっているのではないかと思います。

納税者にウォール街を救済させる方法
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 お役に立ちましたら1票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ



ブログ全記事表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。